金融機関の相続手続き代行プラン

ゆうちょ銀行を除くほとんどの金融機関ではまず取引先支店に申出て書類を入手し、各金融機関の相続センターに対して相続手続きを行います。 ゆうちょ銀行はどの支店に申出を行っても手続きできますが、支店によって(銀行もそうでうすが)相続に詳しい人がいなくて二度手間になったり、説明が良くわからなかったりする場合もあるのが注意ポイントです。 本サービスをご利用いただくと 金融機関の相続手続き書類入手も相続人への押印依頼も代行いたしますので、お任せください。 もちろん、その他の書類の収集・作成も代行いたします。

こんな場合は便利な相続手続きのために特におすすめです

  • 遺産の分割方法が既に決定している方
  • 相続人の中に分割に異議を唱える者はいない
  • 被相続人の取引金融機関が多い方
  • 金融機関の相続手続きのみを外注したい

金融機関の相続手続きお任せ代行プラン報酬額表

相続手続き全部お任せプラン
報酬額 69,800円~ + 実費
基本サービス内容
1 戸籍等の必要書類を収集し相続関係図を作成します
2 金融機関から残高証明書等を取り寄せて財産目録を作成します
3 相続手続きに使用する遺産分割協議書・遺産分割協議証明書を作成します
4 金融機関での名義変更、解約、換金などの相続関連手続きを行います

※最低金額は預貯金普通口座または定期口座1口座分の目安です。 くわしくは無料でお見積りさせていただきます。複数口座をお申し込みの場合2口座目から割安の料金となります。重複業務省略可能なため。

基本サービスのご紹介

1:戸籍等を収集して相続人を確定し相続関係図を作成
相続手続きを行うには、まずは誰が相続人であるかを確定するためにお亡くなりになられた方との関係を戸籍や住民票など公的な書類によって証明しなければなりません。 当モールでは行政書士が職務上請求用紙を用いて必要な書類をすべて収集致します。
2:金融機関の書式入手・作成
被相続人様と取引のあった金融機関にて必要な書式を入手し作成します。
必要な場合は、相続人様名義の口座の開設手続きを行います。
3:財産目録の作成
相続人様からの聞き取りなどを行い財産目録を作成いたします。 その際には相続財産に応じて残高証明書などを取得し評価額をもとめ記載いたします。
4:遺産分割協議書の作成
遺産分割協議で決定した遺産分割方法を証明する遺産分割協議書を作成いたします。 必要に応じて遺産分割協議証明書等も活用し迅速な手続きを心がけます。
5:金融機関の相続手続き
金融機関の相続手続きを完了いたします。

報酬にプラスしてご請求させていただく実費に含まれるもの

書類収集に必要な実費例

住民票取得・・・・・・一通 300円

戸籍謄本取得・・・・・一通 450円

除籍謄本取得・・・・・一通 750円

改製原戸籍謄本取得・・一通 750円

固定資産税評価証明書取得

土地1筆あたり200円 家屋1軒あたり200円

通信費(レターパック) 360円または510円

法務局関連の費用

法務局では、不動産の登記事項全部証明書取得などを行います。

相続登記手続きの際に登録免許税を印紙で納めるための費用も必要になります。

登記事項全部証明書取得 ・600円

登録免許税  相続の場合、評価証明の額の1000分の4 遺贈の場合は1000分の20

家庭裁判所関係の費用

家庭裁判所では相続放棄の手続きや、自筆証書遺言の検認手続きなどを行います。

相続放棄       収入印紙 800円

遺言の検認済み証明書      150円

このほかの実費、交通費や日当は報酬に含まれます。

金融機関の相続手続き任せ代行プランご利用の流れ

相続代行サービス利用の流れ

お問合せ・ご質問はこちら

相続代行についてお問合せ受付中! 0120-077-978 お気軽にお電話ください。 担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。 携帯・スマホOK、通話無料です。 担当者不在時はコールセンターにつながります。
折り返しのご希望をお伝えいただければ随時、折り返しお電話致します。 【電話対応時間:10:00~18:00(月~金)】【休日:土日祝日】 【フォーム受け付けは24時間365日】