相続代行を使わずにやってみよう金融機関の相続手続き

金融機関の相続手続をやってみよう

相続代行をつかわない金融機関相続
相続が発生し、金融機関に手続きをしなければならなくなったときにまずなにから始めればいいのか、どうすればいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。
そんな方のために、なにから行いどういったことを注意するべきかをご紹介していきます。

まずはどこになにがあるのかを把握して金融機関に連絡をしましょう

まずは金融機関へ名義人の死亡を伝えよう
故人が財産を預けていた金融機関を通帳や株式の報告書などから確認して、金融機関に連絡を行うところから始まります。
この連絡を入れた時点で口座などは凍結され今後は入出金することはできなくなります。公共料金なども全て引き落としできなくなりますし、お葬式の費用などを故人の資産から支出する場合はそういったことも念頭に置いて連絡を行いましょう。
よく勘違いされることがありますが、人が亡くなったときには役所などから連絡がいき自動的に口座が凍結するといったことを思う方もいらっしゃいますが、そういったことはありません。あくまでも金融機関が亡くなったことを何らかの形で知ったときに口座は凍結します。
連絡先はお近くの支店や取引のあった支店でほぼ問題ないかと思いますが、大手の銀行であれば相続事務を専門に扱うセンターなどがありますので、ネットなどで確認して直接センターに連絡すると相続資料を請求できます。

どういった手続きにせよまずは共通する書類を集めてみましょう

相続に必要な書類をそろえよう
金融機関 相続
どの金融機関であってもほぼ必要になる書類があります。そのひとつは戸籍謄本です。亡くなった方の出生から死亡までの戸籍や相続人の戸籍が必要になります。亡くなった方の本籍地かわからない場合は本籍地を記載してもらった亡くなった方の住民票の除票を取得するとわかります。その本籍地を管轄する役所で戸籍を取得すると最新の戸籍には故人が亡くなったことが記載されているはずでしょう。そしてそれ以前にどこの戸籍から今の戸籍に入籍したのかもそこには記載されていますので、それを参考に出生まで遡っていきます。
金融機関によっては生殖能力などを考慮して15歳や16歳から死亡までなどもありますが、基本的には出生まで遡るのがよいかと思います。
このように戸籍を収集していくと、亡くなった方がこれまでにどういった家族構成であったかがわかり、誰が相続人かも把握できるようになっていきます。
相続人である子供などがいる場合は、その子供の現在のことが記載されている戸籍を取得する必要もあります。前述した戸籍から結婚などをして違うところに戸籍が作られた子供の戸籍を追いかけていくか、直接ご本人に取得してもらうのがいいでしょう。
その相続人がすでに亡くなっている場合はさらにその相続人の子供が相続人になる可能性がありますので、その戸籍も収集することになります。しかし、一般の方の場合、ご兄弟やその甥や姪の戸籍などは個人情報保護の観点から取得できない可能性もあります。このような場合は専門家に依頼するのがよいかもしれません。

それ以外の必要書類はケースによって異なってくる

さらに追加で相続に必要な書類をそろえよう
先ほどの戸籍以外にも必要になる書類がありますが、相続の方法によって書類の種類や誰の書類が必要かなど異なります。
例えば印鑑証明書は法定相続分通りの相続であったり、遺産分割協議書を作成した場合には相続人全員の印鑑証明書が必要になります。
遺言書があってその中に遺言執行者が指定されている場合は、今後の手続きは執行者が執り行うことができますので、執行者の印鑑証明書のみで手続きを進めることができます。
一方で、遺言書がある場合は遺言書の提出はもちろんですが、それが自筆証書による遺言書の場合は家庭裁判所で検認を受けたことを証明する検認調書や検認済証明書などの提出が必要になります。
また、家庭裁判所で調停や審判を受けた場合には調停調書や審判書が必要になります。

期限に注意しましょう

戸籍や印鑑証明書を提出する場合、その期限にも注意が必要です。戸籍は現在の戸籍については6カ月から1年であったり、除籍謄本などはすでに閉鎖されている戸籍なので期限が必要ないというところもあればこちらについても期限をもうけている金融機関もあります。
印鑑証明書については重要な書類ですので概ね3か月から6カ月といったところが多いようです。金融機関に相続資料を請求して印鑑証明書が必要だからとすぐに取得したはいいものの遺産分割協議に時間がかかって実際の手続きのときには3か月を過ぎていてしまったということなどは非常によくあります。

今回はまず相続手続をする上で一番最初にすること、集めていく書類などを紹介しました。
次回はこのあと、金融機関にある財産の種類による手続きの違いや必要になってくる書類のお話などをしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。