相続手続き代行は選び方から

人が死亡した場合、必ず相続が発生します。
相続手続きはなにもせずにほっておくと色々と不利益があるので、誰かが手続きしなくてはなりません。
相続手続きをしないままにしておくと、例えば金融資産などは凍結されて使用できない状態になりますし、不動産などは住むには影響が少ないかもしれませんが、売却などはできなくなくなります。
亡くなった方から見て、夫や妻などの配偶者、長男、長女、同居して介護などを担当していた親族などが相続人を主導して相続手続きを行う事が多いかと思いますが、ご自身たちで相続手続きを完了するのはなかなか大変です。
今回はご自身たちで相続手続きを行うのが大変な場合に相続手続き代行サービスを頼めるのはどんなところがあるかをお話ししていきたいと思います。

相続手続き代行は銀行?士業?

相続代行は誰が行うの?
相続代行業者選び
相続手続き代行サービスを行っている業者として代表的なものは銀行などの金融機関と弁護士、税理士、司法書士、行政書士などの国家資格者で士業と呼ばれている事業者かと思います。
金融機関では遺産整理業務などのサービス名で相続代行サービスを提供しています。
安心感や知名度は身近であるという点は抜群ですが、サービスの価格は概ね士業者よりも高額になります。
金融機関の遺産整理業務についてはこちらもご覧ください
次に、士業者の特徴としては得意分野が分かれるところです。
弁護士はなんでもできそうで、実際なんでもできるのですができるからといって得意とは限りません。
相続税の範疇では税理士、不動産登記の範疇では司法書士にやはり分があるのではないかと思います。
またもう一つの特徴としては、個人事業主が多くなっています。
中には税理士法人や弁護士法人、司法書士法人など法人化しているものもありますが個人事業の方が全体数は多くなっています。
その点、金融機関は株式会社つまり法人ですのでその点に安心感を感じる方もおられるかと思います。

士業者の集まりによるサービス提供

それぞれの専門性を活かす相続代行サービス
相続代行業者選び2
形態としては、私たち相続モールもそうですが、税理士や司法書士、行政書士事務所が共同して相続代行サービスを提供しているという形態も最近はよくあります。
この形態のいいところは、それぞれの専門性を活かして相続手続きに当たりますので、すべての相続手続きに対応することが可能です。
例えば、行政書士が戸籍などの必要書類を収集し書類を作成し金融機関の相続手続きを行い、司法書士が相続登記を行う、そして税理士がベストなタイミングで相続税の申告、納税をサポートするというように途切れることなく手続きを進めることができます。
注意点としては、私たちのようにきっちり各士業で取り決めをして相続代行サービスを行っている場合もあれば、依頼を受けたらただ仲のいい士業に話をふるだけというところもあります。

相続代行を依頼するのは結局どの形態がいいか

代行業者選びのポイント
以前このブログでも書きましたが、相続手続きのゴールはどの業者でも同じです。
相続代行業者選びのコツとしてはまずどの業者も無料相談を行っているかと思いますので、実際に会いに行ってみて自分と合うかどうか、見積もりをとってみて費用対効果が合うかどうかで選んでみるのも一つかと思います。
あなたが相続代行業者を比べるとき、私たちもいれていただけると嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。