知っておきたい知識

相続税とは

相続税とは、人が死亡した際に財産が移転したときに、その財産に対して課される税になります。
財産の金額次第では、課税されない場合があります。

  • 「お亡くなりになった方=被相続人」
  • 財産を承継した人=相続人」と呼びますので覚えておきましょう。

相続は人が死亡することで開始し、一般的には死亡日が相続開始日となります。

「失踪」不在者の生死が7年以上明らかでない場合7年間の機関が
満了したときに死亡とみなされます。

相続税がかかる?かからない?スピードチェック!

相続が発生した際に、最も気になるのが「税の有無」。

そこで、資産等の最低限の数値をご入力いただければ、税の有無がわかる「相続シミュレーション」をご用意いたしました。

今すぐ簡単に診断ができます。是非、お気軽にお試し下さい。

今すぐわかる シミュレーション

メールでのお問い合わせ

ページトップへ